日本小児神経学会

会員専用ページログイン

九州地方会

Last Update:2021年2月3日

開催情報

日本小児神経学会九州地方会(第90回)
日時:2021年1月10日(日)
 ※WEB開催となりました
会長:池田俊郎(宮崎大学小児科)

日本小児神経学会九州地方会(第91回)
日時:2021年8月1日(日)
会場:未定
会長:丸山慎介(鹿児島大学小児科)

日本小児神経学会九州地方会(第92回)
日時:2022年1月9日(日)
会場:未定
会長:酒井康成(九州大学小児科)

日本小児神経学会九州地方会(第93回)
日時:2022年8月7日(日)
会場:未定
会長:野村恵子(熊本大学小児科)

日本小児神経学会九州地方会(第94回)
日時:2023年1月8日(日)
会場:未定
会長:松尾宗明(佐賀大学小児科)

ご挨拶

日本小児神経学会九州地方会代表世話人
吉良龍太郎(福岡市立こども病院・小児神経科)

 日本小児神経学会九州地方会は、前身の「九州小児神経懇話会」として1975年2月に発足した、40年以上の歴史を有する会です。学術集会は各県の大学など主要施設の持ち回りとして、1月初めと8月初めの日曜日に開催され、2018年1月で第84回を迎えます。九州・沖縄の会員は施設間および個人間の連携が緊密であり、まとまりが良いことが大きな特徴です。
5回に1回すなわち2年半に1回、学術集会の前日に行っている懇親会も会員間のネットワーク作りに大きな役割を果たしています。本会は九州・沖縄の小児神経医療のレベルアップを図るとともに、このような緊密な連携のもと、研究や教育への熱心な取り組みも推進しています。
 本会学術集会の最大の特徴は通常の学会と異なり、1演題に30分(未確定診断例では35分)の時間をかけて症例提示と討論を行います。診断確定例でも病名を伏せて討論し診断を詰めていくというユニークな形式を取っているので、発表者だけでなく参加者にも適度な緊張感がある会となっています。
 他地域からの参加も歓迎します。

活動内容

年に2回の学術集会の開催(会員へプログラム・抄録集の配布、「脳と発達」へ後抄録の掲載)

役員名簿・会則

役員

会則

このページの先頭へ