日本小児神経学会

会員専用ページログイン

主催の学術集会・セミナー

Last Update:2017年3月6日NEW
日本小児神経学会学術集会
回数 開催日 会場 概要
第59回 2017/6/15-17 大阪国際会議場(大阪) webサイト
第60回 2018/5/31-6/2 幕張メッセ(千葉)  
小児神経学セミナー
回数 開催日 会場 概要
第47回 2017/9/16-18 クロス・ウェーブ府中(府中) 詳細
第48回 2018/11/23-25 コスモスクエア国際交流センター(大阪)  
小児神経学サテライトセミナー   
回数 開催日 会場 概要
第2回 2017/7/16 ホテルグランディア芳泉(福井) 詳細
第3回 2018/1/6 沖縄県立南部こども医療センター2階講堂(沖縄)  
「医療的ケア」研修セミナー
回数 開催日 会場 概要
第14回 未定 未定 詳細
プライマリケア医(小児科医、総合診療医)のための子どもの心の診療セミナー   
回数 開催日 会場 概要
第11回 2017/3/5 北海道大学術交流会館(札幌) 詳細

主催セミナー開催履歴はこちら

小児神経学セミナー(第47回)

小児神経の診断・治療アップデート-関連領域とのつながりを探る-

日時

2017年9月16-18日

会場

クロス・ウェーブ府中(〒183-0044 東京都府中市日鋼町1-40)

*募集日時、プログラムなど詳細決まり次第掲載いたします
*プログラム(準備中)
*イントロダクション(準備中)

小児神経学サテライトセミナー(第2回)

~小児神経入門コース~
日本小児神経学会では、地方における小児神経のすそ野を広げる目的で、出前で各地でのセミナーを行う「小児神経学サテライトセミナー」を企画しました。
入門的な内容を中心とし、若手の先生方にも理解しやすいものを目指しています。第2回目の2017年は、下記の要領で福井県あわら市において開催いたします。

日時

2017年7月16日(日)9:30—16:20(受付開始8:30)

会場

福井県あわら温泉 ホテルグランディア芳泉
〒910-4193 福井県あわら市舟津43-26 
北陸自動車道金津JCTより車で15分、JR芦原温泉駅よりタクシー、シャトルバスで10分

対象

小児神経に興味のある方、小児神経専門医を目指す方、これから小児神経科医を目指す非会員の方

参加費

昼食付 3,000円(当日お支払い)
※ 配布資料、昼食、座席は十分用意いたしますが、もしも不足の場合は事前登録の方を優先させていただきます

主 催

一般社団法人日本小児神経学会

定員

100名(申し込み先着順)

申込受付

2017年4月15日(土)~2017年6月22日(木)
こちらのページからのお申し込みです

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16、ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

専門医研修単位

  • 日本小児神経学会専門研修単位5単位が認められます。

プログラム

  • 9:30-10:30
    神経診察法:神経筋疾患を学ぶ人のために
    藤井 克則(千葉大学小児科)
  • 10:40-11:40
    よく遭遇するてんかん症候群の診断と治療
    榎 日出夫(聖隷浜松病院てんかんセンター)
  • 13:00-14:00
    脳炎・脳症の診断と治療
    城所 博之(名古屋大学小児科)
  • 14:10-15:10
    代謝変性疾患へのアプローチ~見逃さないために~
    村松 一洋(群馬大学小児科)
  • 15:20-16:20
    神経発達症・子どものこころの診断と治療
    作田 亮一(獨協医科大学越谷病院子どものこころ診療センター)

    ※演題名、順番は変更になる場合があります。

「医療的ケア」研修セミナー(第14回)

日時:未定
会場:未定

*詳細決まり次第掲載いたします

プライマリケア医(小児科医、総合診療医)のための子どもの心の診療セミナー(第11回)

第11回プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナーを開催いたします。発達障害児の支援は、専門医とプライマリケア医の 連携、医療と保健、福祉、教育等、様々な領域間の連携が求められます。発達障害児の診療・支援のポイント、上手な連携方法について、日常診療に役立つお話をしていただく予定です。多数の方々のご出席をお待ちしています。

日時

2017年3月5日(日) 9:00ー16:30(受付開始8:00) 

会場

北海道大学術交流会館
〒060-0811 札幌市北区北8条西5丁目
北海道大学構内 (札幌駅北口から徒歩7分)

対象

子どもの心の診療に関心のある医師および看護師・保健師・言語聴覚士・作業療法士・ 臨床心理士等、医療専門職の方、教職員と福祉職の方

参加費

医師5,000円、医師以外4,000円(当日お支払い)

主催

一般社団法人日本小児神経学会

定員

150名(申し込み先着順)

申込みについて

締め切りました。
若干お席がございますのでご希望の方は下記へお問い合わせ下さい。

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16 ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067  E-mailはこちら

専門医研修単位

  • 小児神経専門医研修単位2単位、小児科専門医研修単位4単位、小児科医会「子どもの心」研修単位5単位が認められます。
  • 北海道医師会認定生涯教育講座 北海道医師会の承認を得て開催する講座です。4.5単位が認められます (CC:3、4、10、13、72)。
  • 公益社団法人日本リハビリテーション医学会 生涯教育単位5単位が認められます。
  • 公益社団法人日本精神神経学会 B群3単位が認められます。
  • 一般社団法人日本小児精神神経学会 認定医更新のための点数、1点が認められます。

プログラム

  • 8:00-
    受付開始
  • 9:15-9:20
    総合司会 宮本晶恵(旭川療育センター)
  • 開会挨拶
    續 晶子(北海道立子ども総合医療・ 療育センター小児リハビリテーション科)
  • 9:20-10:25
    発達障がい医療のエッセンス -ピットフォールを中心に-
    小枝達也(国立成育医療研究センターこころの診療部) 
  • 10:30-11:15
    学習障害への対応における医療の関わり 
    関あゆみ(北海道大学大学院教育学研究院) 
  • 11:15-12:00
    発達障害児の診療における小児科外来の役割を考える 
    荒木章子(北海道こども心療内科氏家医院小児科) 
  • 13:00-13:50
    小児科-児童精神科の連携 身体表現性障害を例として
    柳生一自(北海道大学大学院児童思春期精神医学) 
  • 14:00-15:00
    不登校への対応 さまざまな背景を検討しながら~
    田中康雄(北海道大学・こころとそだちのクリニックむすびめ) 
  • 15:10-16:10
    自閉スペクトラム症の子どもを持つ家族への支援-ライフステージに応じた支援-
    高田 哲(神戸大学大学院地域保健学領域) 
このページの先頭へ