日本小児神経学会

会員専用ページログイン

主催の学術集会・セミナー

Last Update:2017年12月8日NEW
日本小児神経学会学術集会
回数 開催日 会場 概要
第60回 2018/5/31-6/2 幕張メッセ(千葉) webサイト
第61回 2019/5/31-6/2 名古屋国際会議場(名古屋) webサイト
第62回 2020/5/27-30 朱鷺メッセ(新潟)  

 

小児神経学セミナー
回数 開催日 会場 概要

第48回

2018/11/23-25 コスモスクエア国際交流センター(大阪) 詳細
第49回 2019/11/16-17 メイプルイン幕張(千葉)  
小児神経学サテライトセミナー   
回数 開催日 会場 概要
第3回 2018/1/6 沖縄県立南部こども医療センター2階講堂(沖縄) 詳細
第4回 2018/10/7 星総合病院メグレスホール(福島)  
「医療的ケア」研修セミナー
回数 開催日 会場 概要
第14回 2017/11/12 東京大学内医学部鉄門記念講堂(東京) 詳細
プライマリケア医(小児科医、総合診療医)のための子どもの心の診療セミナー   
回数 開催日 会場 概要
第12回 2018/3/4 熊本市医師会館2階講堂(熊本) 詳細

主催セミナー開催履歴はこちら

小児神経学セミナー(第48回)

 

日時 

2018年11月23日-25日

会場

ホテルコスモスクエア国際交流センター
(〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-7-50)

定員

150名(申し込み先着順)

申込受付

*準備中*

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16、ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

※プログラム等、決まり次第掲載します

小児神経学サテライトセミナー(第3回)

開催情報詳細はこちら

- 小児神経入門コース -
日本小児神経学会では、地方における小児神経のすそ野を広げる目的で、出前で各地でのセミナーを行う「小児神経学サテライトセミナー」を企画しました。
入門的な内容を中心とし、若手の先生方にも理解しやすいものを目指しています。第3回目は、下記の要領で沖縄県において開催いたします。

日時

2018年1月6日(土)13:00-19:00(受付開始12:00)

会場

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター2階講堂
〒901-1193 沖縄県島尻郡南風原町新川118-1

    那覇空港から会場までタクシーで30分2000円
    空港からモノレールで首里まで30分330円、タクシーに乗り換えて5分600円程度
    空港から直通のバスはありません(南部医療センター前または新川営業所下車)

対象

小児神経に興味のある方、小児神経専門医を目指す方、これから小児神経科医を目指す非会員の方

参加費

おやつ付 2,000円(当日お支払い)
※ 配布資料、座席は十分用意いたしますが、もしも不足の場合は事前登録の方を優先させていただきます

主 催

一般社団法人日本小児神経学会

定員

100名(申し込み先着順)
※定員に達すると、募集期間内でも締め切ることがあります

申込受付

受付終了しました

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16、ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

専門医研修単位

  • 日本小児神経学会専門研修単位5単位
  • 日本小児科学会新更新単位iii小児科領域講習1単位

プログラム
-本気で語る極意シリーズ-(美らセミナー)

  • 13:00-14:00
    小児神経遺伝学の極意
    倉橋 宏和(愛知医科大学小児科)
  • 14:10-15:10
    小児神経学的診察の極意
    熊田 聡子(東京都立神経病院神経小児科)
  • 15:40-16:40
    小児脳波判読の極意
    榎 日出夫(聖隷浜松病院小児神経科)
  • 16:50-17:50
    小児頭部画像診断の極意
    高梨 潤一(東京女子医科大学八千代医療センター小児科)
  • 18:00-19:00
    小児てんかん診療の極意
    浜野晋一郎(埼玉県立小児医療センター神経科)
    ※演題名、順番は変更になる場合があります。

「医療的ケア」研修セミナー(第14回)

社会活動・広報委員会の担当で「医療的ケア講師研修セミナー」を2004年から毎年開催し、その内容をもとに「医療的ケア研修テキスト」を発行してきました。本会は、2009年度より「医療的ケア研修セミナー」と改称され、より多くの方を対象としたセミナーとなっております。2017年度は東京都において開催いたします。

日時

2017年11月12日(日)9:30-17:30(受付開始8:45)
※受付開始が8:30→8:45に変更になりました

会場

東京大学内医学部鉄門記念講堂
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1

対 象

重症神経疾患児・重症心身障害児(者)等の、医療・療育・教育・通園通所・訪問看護などに携わる、医師・看護師・保健師・理学・作業療法士・言語聴覚士・教員・保育士など

参加費

医師の方 7,000円、医師以外の方 3,000円、医療系学生 2,000円
(当日お支払い)

主催

一般社団法人日本小児神経学会

申込受付

2017年9月11日(月)-10月27日(金)
 ―終了しました―

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16 ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

専門医研修単位

日本小児神経学会専門研修単位5単位が認められます。

プログラム

◆午前の部:小児等の在宅・地域生活を支える医療的支援について

開会の挨拶 第14回研修セミナー大会長 米山 明(日本小児神経学会社会活動委員会)

1.「医療的ケア」と支援体制など-日本小児神経学会の15年間の取組みをふり返りながら
  北住映二(心身障害児総合医療療育センター)
2.小児等在宅診療を通じて地域生活支援を考える(福祉・保健との連携)
  宮田章子(さいわいこどもクリニック)
3.在宅生活を支えるリハビリの役割
  直井寿徳(スマイル訪問看護ステーション)
4.小児等在宅医療を地域で支えるネットワーク作り(医療・保健・福祉・教育)
  谷口由紀子(淑徳大学看護栄養学部地域看護学)
5.行政説明1 小児等在宅医療について
  桑木光太郎(前:厚生労働省医政局地域医療計画課在宅医療推進室、現:久留米大学消化器内科)
6.親の立場から『医療的ケア』について、支援者へ望む事
  野田聖子(衆議院議員)

◆午後の部:学校等における医療的ケア

7.行政説明2「学校等における医療的ケア」
  分藤賢之(文部科学省初等中等教育局特別支援教育課)
8.『医療的ケア』必要児童生徒への教育支援:特別支援学校の現状と課題
  大山衣絵(東京都立光明学園)
9. 呼吸・嚥下・栄養関連の医療的ケア〜人工呼吸・気管切開・吸引・酸素、胃瘻を含む経管栄養、栄養関係などの医療的ケア
  山口直人(心身障害児総合医療療育センターリハビリテーション科)
10.「指示書」は医療と教育の連携ツール:指示書の意味と学校(保育所等)での実践
  中谷勝利(東京都立大泉特別支援学校/心身障害児総合医療療育センター)                               
11.今後の医療的ケアについて
  高田 哲(日本小児神経学会社会活動委員会委員長/神戸大学大学院保健学研究科)
◆質疑応答、閉会の挨拶

※講師敬称略
※会場内で飲食はできません。学校構内または近隣のお店等のご利用をお願いします
※昼休み中、胃瘻ボタン・気管カニュレ、人工呼吸器、災害時の代替機器などの展示と体験コーナーがあります

プライマリケア医(小児科医、総合診療医)のための子どもの心の診療セミナー(第12回)

お申込みはこちらから

第12回プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナーを開催いたします。発達障害児の支援は、専門医とプライマリケア医の 連携、医療と保健、福祉、教育等、様々な領域間の連携が求められます。発達障害児の診療・支援のポイント、上手な連携方法について、日常診療に役立つお話をしていただく予定です。多数の方々のご出席をお待ちしています。

日時

2018年3月4日(日)9:00-16:10(受付開始8:30からに変更となりました)

会場

熊本市医師会館2階講堂
〒860-0811 熊本県熊本市中央区本荘3丁目3−3

対象

子どもの心の診療に関心のある医師および看護師・保健師・言語聴覚士・作業療法士・ 臨床心理士、保育士等、医療専門職の方、教職員と福祉職の方

参加費

医師の方 5,000円、医師以外の方 4,000円
(当日お支払い)

主催

一般社団法人日本小児神経学会

申込みについて

12月1日(金)-2月19日(月)

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16 ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067  E-mailはこちら

専門医研修単位

  • 小児神経専門医研修単位2単位
  • 小児科医会「子どもの心」研修単位5単位
  • 日本小児精神神経学会 認定医更新のための点数1点
  • 小児科学会新更新単位 iii 小児科領域講習単位、講義ごとに1単位  計6単位
  • 日本医師会認定生涯教育講座 研修単位5単位(カリキュラムコード: 4,5,10,12,72)

プログラム

  • 総合司会 野村恵子(熊本大学附属病院小児科)
  • 9:05-10:05
    オープニングレクチャー    発達障害診療のエッセンス
    山下裕史朗(久留米大学小児科)
  • 10:05-11:05
    応用行動分析による支援
    井上雅彦(鳥取大学大学院臨床心理学) 
  • 11:05-12:05
    発達障害児の感覚・運動面の評価と支援
    岩永竜一郎(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命医科学)
  • 13:05-14:05
    学習障害の診療と治療
    小枝達也(国立成育医療研究センターこころの診療部)
  • 14:05-15:05
    体内時計形成及び睡眠障害に伴う発達障害―治療のポイント―
    三池輝久(熊本大学名誉教授)
  • 15:05-16:05
    自閉スペクトラム症(ASD)のある子どもと家族へのライフステージを通じた支援
    高田 哲(神戸大学大学院保健学研究科)
       ※演題名、順番は変更になる場合があります
このページの先頭へ