日本小児神経学会

会員専用ページログイン

主催の学術集会・セミナー

Last Update:2019年3月13日NEW
日本小児神経学会学術集会
回数 開催日 会場 概要
第61回 2019/5/31-6/2 名古屋国際会議場(名古屋) webサイト
第62回 2020/5/27-30 朱鷺メッセ(新潟)  
第63回 2021/5/27-29
(プレコングレス
5月26日)
福岡国際会議場(福岡)  

主催学術集会開催履歴はこちら

小児神経学セミナー
回数 開催日 会場 概要
第49回 2019/11/16-17 メイプルイン幕張(千葉)  

小児神経学セミナー開催履歴はこちら

小児神経学サテライトセミナー   
回数 開催日 会場 概要
第5回 2019/6/30 高知県立県民文化ホール 詳細

小児神経学サテライトセミナー開催履歴はこちら

「医療的ケア」研修セミナー
回数 開催日 会場 概要
第16回 2019/10/6 北海道大学学術交流会館小講堂 詳細

医療的ケア研修セミナー開催履歴はこちら

プライマリケア医(小児科医、総合診療医)のための子どもの心の診療セミナー   
回数 開催日 会場 概要
第13回 2019/3/17 獨協大学講堂 詳細

プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナー開催履歴はこちら

小児神経学セミナー(第49回)

メインテーマ

見て学ぶ小児神経

日時 

2019年11月16日(土)-17日(日)

会場

ホテルメイプルイン幕張
(〒262-0033 千葉市花見川区幕張本郷1-12-1)

定員

120名(申し込み先着順)

専門医研修単位

  • 小児神経専門医研修単位8単位
    日本小児科学会新更新単位iii小児科領域 申請予定

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16、ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

小児神経学サテライトセミナー(第5回)

- 小児神経入門コース -

日本小児神経学会では、地方における小児神経のすそ野を広げる目的で、出前で各地でのセミナーを行う「小児神経学サテライトセミナー」を企画しました。

入門的な内容を中心とし、若手の先生方にも理解しやすいものを目指しています。第5回目は、以下の要領で高知県にて開催します。

日時

2019年6月30日(日)

申込受付

2019年4月1日(月)開始予定
申込フォームを開設します

会場

高知県立県民文化ホール(〒780-0870 高知市本町4-3-30)

対象

小児神経に興味のある方、小児神経専門医を目指す方、これから小児神経科医を目指す非会員の方

参加費

2,000円(当日お支払い)

主 催

一般社団法人日本小児神経学会

専門医研修単位

日本小児神経学会専門研修単位5単位
小児科専門医ⅲ小児科領域講習単位,各講義1単位

プログラム

  • 9:30~10:30
    小児の発達障害診療の勘どころ-日常診療における発達障害の見分け方:疾患ごとの特徴とその指導
    横山浩之(福島県立医科大学ふくしま子ども・女性医療支援センター)
  • 10:40~11:40
    急性脳炎・脳症の勘どころ-初期対応と診断:治療後のフォローアップについて
    前垣義弘(鳥取大学医学部脳神経小児科)
  • 12:40~13:40
    小児の脳波判読の勘どころ-基本的な読み方のポイント
    小林勝弘(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 発達神経病態学)
  • 13:50~14:50
    小児のてんかん診療の勘どころ
    -発作の見分けのポイント: 治療の実際:新しいてんかん分類について
    福田光成(東京都立神経病院 神経小児科)
  • 15:00~16:00
    小児の神経学的診察の勘どころ -不随意運動をまじえて
    小沢 浩(島田療育センターはちおうじ)

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16、ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

「医療的ケア」研修セミナー(第16回)

日本小児神経学会は、社会活動・広報委員会の担当で「医療的ケア講師研修セミナー」を2004年から毎年開催し、その内容をもとに「医療的ケア研修テキスト」を発行してきました。本会は、2009年度より「医療的ケア研修セミナー」と改称され、より多くの方を対象としたセミナーとなっております。2019年度は、下記の要領で札幌にて開催予定です。
詳細決まり次第更新します。

日時

2019年10月6日(日)9:30-17:00(受付開始9:00)

申込受付

2019年8月5日(月)開始予定
申込フォームを開設します

会場

北海道大学学術交流会館 小講堂(〒060-0811 札幌市北区北8条西5丁目)

対 象

重症神経疾患児・重症心身障害児(者)等の、医療・療育・教育・通園通所・訪問看護などに携わる、医師・看護師・保健師・理学・作業療法士・言語聴覚士・教員・保育士など

主催

一般社団法人日本小児神経学会

共催

日本重症心身障害学会

後援

北海道、札幌市、公益社団法人北海道理学療法士会、日本小児神経学会北海道地方会(順不同)

専門医研修単位

  • 小児神経専門医研修単位5単位
  • 日本医師会生涯教育講座取得単位5.5
    (CC:7,12,13,22,45,47,80)
    ※本セミナーは北海道医師会の承認を得て日本医師会生涯教育講座の一環として行います
  • 小児科学会小児科領域講習単位 申請中

プログラム

  •  9:30~ 9:35
    開会の挨拶
    石川悠加(国立病院機構八雲病院小児科)
  •  9:35~10:35
    人工呼吸や気道クリアランスを要する子どもの日常生活支援と救急指導
    緒方健一(おがた小児科・内科医院)
  • 10:35~11:35
    消化管運動異常の診断と栄養管理:胃ろうの適応と効果・配慮点
    川原央好(浜松医大 小児外科)
  • 11:35~12:10
    呼吸・嚥下・消化管運動にも配慮した気道クリアランス・車いす・アシスティブテクノロジーを活用した学習環境
    三浦利彦(国立病院機構八雲病院 理学療法室)
  • 13:10~14:10
    学校における医療的ケア 看護師の立場から
    勝田仁美(兵庫県立大学 看護学部)
  • 14:10~15:00  
    北海道における学校での医療的ケア
    ・北海道における医療的ケアの現状と課題
     津川周一(北海道教育委員会 指導主事)
    ・学校における医療的ケア~学校看護師の実際~
     川崎 奈津枝(北海道拓北養護学校 主任看護師)
     前田 登美(北海道拓北養護学校 主任看護師)
  • 15:10~16:10
    全国の学校での医療的ケア実施状況と課題
    三浦清邦(愛知県心身障害者コロニー中央病院)
  • 16:10~16:40
    子どもの発達支援と医療的ケア:オーバービュー
    米山 明(心身障害児総合医療療育センター小児科 板橋区子ども発達支援センター)
  • 16:40~17:00    総合討論

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16 ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

 

プライマリケア医(小児科医、総合診療医)のための子どもの心の診療セミナー(第13回)

第13回プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナーを開催いたします。発達障害児の支援は、専門医とプライマリケア医の 連携、医療と保健、福祉、教育等、様々な領域間の連携が求められます。発達障害児の診療・支援のポイント、上手な連携方法について、日常診療に役立つお話をしていただく予定です。多数の方々のご出席をお待ちしています。

日時

2019年3月17日(日)9:00-16:30(受付開始8:00)

会場

獨協大学東棟E102教室
(〒340-0042 草加市学園町1-1)

対象

子どもの心の診療に関心のある医師および看護師・保健師・言語聴覚士・作業療法士・ 臨床心理士、保育士等、医療専門職の方、教職員と福祉職の方

参加費

医師の方 5,000円、医師以外の方 4,000円
(当日お支払い)

主催

一般社団法人日本小児神経学会

後援

公益社団法人日本小児科学会、公益社団法人日本小児科医会、一般社団法人日本臨床心理士会  (順不同)

受付

締め切りました。

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16 ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067  E-mailはこちら

専門医研修単位

  • 小児神経専門医研修単位2単位
  • 日本小児科医会「子どもの心」研修単位5単位
  • 臨床心理士ワークショップ型研修会2ポイント
  • 日本小児精神神経学会認定医更新のための点数1点
  • 日本医師会生涯教育制度カリキュラムコード(5,13,29,69,70,72)
  • 小児科専門医ⅲ小児科領域講習単位,各講義1単位

プログラム

  • 9:05-10:05
    オープニングレクチャー 不登校からみた神経発達症
    作田亮一(獨協医科大学埼玉医療センター子どものこころ診療センター)
  • 10:10-11:10
    チックの子は不安がいっぱい
    星野恭子(仁醫修会瀬川記念小児神経学クリニック)
  • 11:15-12:15
    子ども虐待と脳科学—マルトリートメントによる脳への影響と回復へのアプローチ—
    友田 明美(福井大学子どものこころの発達研究センター)
  • 13:15-14:15
    アタッチメントが不安定な子どもの支援
    星野崇啓(さいたま子どものこころクリニック)
  • 14:20-15:20
    思春期神経発達症への支援を考える
    宮本信也(白百合女子大学発達心理学科)
  • 15:25-16:25
    学習障害の診断と支援
    小枝達也(国立成育医療研究センターこころの診療部)

  ◆ ◆ ◆

このページの先頭へ