日本小児神経学会

会員専用ページログイン

主催の学術集会・セミナー

Last Update:2019年9月17日NEW
日本小児神経学会学術集会
回数 開催日 会場 概要
第61回 2019/5/31-6/2 名古屋国際会議場(名古屋) webサイト
第62回

2020/5/28-30
(プレコングレス
5月27日)

朱鷺メッセ(新潟) webサイト
第63回 2021/5/27-29
(プレコングレス
5月26日)
福岡国際会議場(福岡)  

主催学術集会開催履歴はこちら

小児神経学セミナー
回数 開催日 会場 概要
第49回 2019/11/16-17 メイプルイン幕張(千葉) 詳細

小児神経学セミナー開催履歴はこちら

小児神経学サテライトセミナー   
回数 開催日 会場 概要
第6回 2020/7/11 松本市内予定/稲葉雄二(長野県立こども病院神経小児科)  

小児神経学サテライトセミナー開催履歴はこちら

「医療的ケア」研修セミナー
回数 開催日 会場 概要
第16回 2019/10/6 北海道大学学術交流会館小講堂/石川悠加(国立病院機構八雲病院小児科) 詳細

医療的ケア研修セミナー開催履歴はこちら

プライマリケア医(小児科医、総合診療医)のための子どもの心の診療セミナー   
回数 開催日 会場 概要
第14回 2020/3/8 広島県医師会館ホール/梶梅あい子(広島大学病院小児科) 詳細

プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナー開催履歴はこちら

小児神経学セミナー(第49回)

参加お申し込みフォーム
※受付期間内であっても定員に達すると締め切ることがあります
 開催概要はこちら

メインテーマ

見て学ぶ小児神経

日時 

2019年11月16日(土)- 17日(日)

申込受付

2019年8月9日(金)-10月4日(金)

会場

ホテルメイプルイン幕張
(〒262-0033 千葉市花見川区幕張本郷1-12-1)

定員

120名(申し込み先着順)

専門医研修単位

  • 小児神経専門医研修単位8単位
    日本小児科学会新更新単位iii小児科領域 申請中

プログラム

11月16日 9:00~11:00 特別ミニレクチャー開催
(1)摂食障害 鈴木由香(松山赤十字病院小児科)
(2)知的障害 横山浩之(福島県立医科大学ふくしま子ども・女性医療支援センター)
※正規のセミナーは12時からですが、朝から学びたい方のために教育委員がレクチャーをいたします

11月16日

  • 12:05-13:05 ランチョンセミナー
    小児の神経学的所見の取り方・考え方
    青天目 信(大阪大学大学院医学系研究科小児科学)
  • 13:20-14:30
    てんかん発作を見極める
    本田 涼子(国立病院機構長崎医療センター小児科)
  • 14:40-15:50
    からだの動きの分析から脳の働きを知るこころみ
    筧 慎治(東京都医学総合研究所運動障害プロジェクト)
  • 16:05-17:25  Group Discussion
    G1-脳波 福田光成(東京都立神経病院神経小児科)
    G2-新生児・画像 城所博之(名古屋大学医学部附属病院小児科)
    G3-症例クイズ 千代延友裕(京都府立医科大学小児科)
    G4-代謝 村松一洋(自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児科)
  • 17:40-18:50
    頭部画像診断の勘ドコロ
    森 墾(東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻放射線医学講座)

11月17日

  • 8:45-9:45 モーニングセミナー
    学習障害に関する機能画像研究のトピックス
    関あゆみ(北海道大学大学院教育学研究院人間発達カ科学分野)
  • 10:00-11:10
    神経生理を知り病を癒す、一歩深める病態理解
    石山 昭彦(国立精神・神経医療研究センター病院小児神経科)
  • 11:20-12:30
    目で見る脳外科、分かっていること、分かっていないこと
    稲垣 隆介(茨城県立こども病院小児脳神経外科)
  • 13:30-14:40
    Dysmorphology:先天異常症候群の診断アプローチ
    大橋 博文(埼玉県立小児医療センター遺伝科)
  • 14:50-16:15
    Clinical Conference 柏井 洋文(東京都立神経病院神経小児科)

※演題名は変更になる場合があります。

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16、ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

小児神経学サテライトセミナー(第6回)

- 小児神経入門コース -

日本小児神経学会では、地方における小児神経のすそ野を広げる目的で、出前で各地でのセミナーを行う「小児神経学サテライトセミナー」を企画しました。

入門的な内容を中心とし、若手の先生方にも理解しやすいものを目指しています。第6回目は、以下の要領で長野県にて開催予定です。

日時

2020年7月11日(日)

申込受付

申込フォームを開設します

会場

長野県松本市内(予定)

対象

小児神経に興味のある方、小児神経専門医を目指す方、これから小児神経科医を目指す非会員の方

主 催

一般社団法人日本小児神経学会

第6回運営委員長

稲葉雄二(長野県立こども病院神経小児科)

専門医研修単位

日本小児神経学会専門研修単位5単位
小児科専門医ⅲ小児科領域講習単位申請予定

※プログラム等詳細決まり次第更新します

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16、ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

「医療的ケア」研修セミナー(第16回)

日本小児神経学会は、社会活動・広報委員会の担当で「医療的ケア講師研修セミナー」を2004年から毎年開催し、その内容をもとに「医療的ケア研修テキスト」を発行してきました。本会は、2009年度より「医療的ケア研修セミナー」と改称され、より多くの方を対象としたセミナーとなっております。2019年度は、下記の要領で札幌にて開催予定です。

参加お申し込みフォーム

日時

2019年10月6日(日)9:30-17:00(受付開始9:00)

申込受付

2019年8月5日(月)-9月26日(木)
※受付期間内であっても定員に達すると締め切ることがあります

会場

北海道大学学術交流会館 小講堂(〒060-0811 札幌市北区北8条西5丁目)

定員

180名(申し込み先着順)

対 象

重症神経疾患児・重症心身障害児(者)等の、医療・療育・教育・通園通所・訪問看護などに携わる、医師・看護師・保健師・理学・作業療法士・言語聴覚士・教員・保育士など

参加費

医師 7,000円、医師以外 3,000円、医療系学生 2,000円

主催

一般社団法人日本小児神経学会

第16回会長

石川悠加(国立病院機構八雲病院小児科)

共催

日本重症心身障害学会、一般社団法人日本小児看護学会

後援

北海道、札幌市、公益社団法人北海道理学療法士会、日本小児神経学会北海道地方会、北海道小児科医会、札幌市小児科医会(順不同)

専門医研修単位

  • 小児神経専門医研修単位5単位
  • 日本医師会生涯教育講座取得単位5.5
    (CC:7,12,13,22,45,47,80)
    ※本セミナーは北海道医師会の承認を得て日本医師会生涯教育講座の一環として行います
  • 小児科学会小児科領域講習単位 2演題各1単位

プログラム

  •  9:30- 9:35
    開会の挨拶
    石川悠加(国立病院機構八雲病院小児科)
  •  9:35-10:35
    人工呼吸や気道クリアランスを要する子どもの日常生活支援と救急指導
    緒方健一(おがた小児科・内科医院)
  • 10:35-11:35
    消化管運動異常の診断と栄養管理:胃ろうの適応と効果・配慮点
    川原央好(浜松医科大学 小児外科)
  • 11:35-12:10
    呼吸・嚥下・消化管運動にも配慮した気道クリアランス・車いす・アシスティブテクノロジーを活用した学習環境
    三浦利彦(国立病院機構八雲病院 理学療法室)
  • 13:10-14:10
    学校における医療的ケア 看護師の立場から
    勝田仁美(兵庫県立大学 看護学部)
  • 14:10-15:00  
    北海道における学校での医療的ケア
    ・北海道における医療的ケアの現状と課題
     津川周一(北海道教育委員会 指導主事)
    ・学校における医療的ケア~学校看護師の実際~
     川崎 奈津枝(北海道拓北養護学校 主任看護師)
     前田 登美(北海道拓北養護学校 主任看護師)
  • 15:10-16:10
    全国の学校での医療的ケア実施状況と課題
    三浦清邦(愛知県医療療育総合センター中央病院)
  • 16:10-16:40
    子どもの発達支援と医療的ケア:オーバービュー
    米山 明(心身障害児総合医療療育センター小児科 板橋区子ども発達支援センター)
  • 16:40-17:00    総合討論

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16 ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067 E-mailはこちら

 

プライマリケア医(小児科医、総合診療医)のための子どもの心の診療セミナー(第14回)

第14回プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナーを開催いたします。発達障害児の支援は、専門医とプライマリケア医の 連携、医療と保健、福祉、教育等、様々な領域間の連携が求められます。発達障害児の診療・支援のポイント、上手な連携方法について、日常診療に役立つお話をしていただく予定です。多数の方々のご出席をお待ちしています。

日時

2020年3月8日(日)9:00-16:10(受付開始8:00)

会場

広島県医師会館ホール
(〒732-0057 広島県広島市東区二葉の里3-2-3)

対象

子どもの心の診療に関心のある医師および看護師・保健師・言語聴覚士・作業療法士・ 臨床心理士、保育士等、医療専門職の方、教職員と福祉職の方

参加費

医師 5,000円、医師以外 4,000円

主催

一般社団法人日本小児神経学会

第14回会長

梶梅あい子(広島大学病院小児科)

受付

2019年12月開始予定

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16 ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067  E-mailはこちら

専門医研修単位

  • 小児神経専門医研修単位2単位、日本小児精神神経学会認定更新のための点数1点が認められます。他申請中

プログラム

  • 9:00~ 9:05    開会のあいさつ
  • 9:05~10:05
    発達障害児・家族のライフステージを通じての支援
    山下裕史朗(久留米大学小児科)
  • 10:05~11:05 
    発達障害と睡眠障害
    堀内史枝(愛媛大学子どものこころセンター)
  • 11:05~12:05
    発達障害児の感覚の評価と支援
    岩永竜一郎(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
  • 13:05~14:05 
    「コグトレ」について
     宮口秀樹(立命館大学産業社会学部)
  • 14:05~15:05
    子どもの心身症
    小柳憲司(長崎県立こども医療福祉センター小児心療科)
  • 15:05~16:05
    ペアレント・トレーニングと保護者支援
    中田洋二郎(立正大学名誉教授)
  • 16:05~16:10 閉会のあいさつ

  ◆ ◆ ◆

このページの先頭へ