日本小児神経学会

会員専用ページログイン
Last Update:2017年2月6日

小児神経Q&A

Q73:発達障害の子どもにはどういう薬が用いられるのでしょうか?

発達障害の子どもへの対応は環境整理が第一です。薬物を使用するのはそれにもかかわらず家庭や学校・園で著しい適応障害がある、自己や他者に身体的危険が及ぶ可能性が高い時などです。

自閉症スペクトラムの子どもでは、環境理解の悪さ、因果関係の理解困難などから、物事の見通しが立たず常に不安な状態にあることが多く、イライラ感やパニックを引き起こします。また、状況判断の間違い、コミュニケーションの障害から被害感を生じ、乱暴な行動、攻撃行動、多動性・衝動性や不注意が見られることもまれではありません。この攻撃行動が内に向かえば自傷行為となります。乱暴な行動の背景にいじめやからかいが潜んでいる可能性にも注意を払うべきです。「こだわり行動」は生活に支障のないものは放置してもかまわないですが、「こだわり」のため家庭や学校・園での生活の流れに支障をきたす場合には治療の対象となります。「こだわり」がひどくなる原因として、子ども自身が環境の理解ができていないためであることが多いので、その対策をとることが先決です。生活をする中でのストレス、「うつ」や心的外傷後ストレス障害(PTSD)も多く、大人の「うつ」と違ってイライラ感として現れやすい特徴があります。自閉症スペクトラム障害のある子どもでは多動性・衝動性や不注意を伴うことも多く見られます。

実際に使用される薬剤がどのような症状に使用されるかを簡単にお示しします。

1)中枢神経刺激薬
自閉症スペクトラムに併存した注意欠陥多動性障害の多動性・衝動性や不注意に対し、メチルフェニデート徐放剤が使われます。刺激薬ではないですが、アトモキセチンも多動や不注意に使用されます。

2)抗精神病薬
定型抗精神病薬(ハロペリドール、クロールプロマジン、ピモジド):多動・衝動性や反抗挑戦性障害、チック、こだわり行動に使用されます。

3)非定型抗精神病薬(リスペリドン、オランザピン、アリピプラゾール):自閉症スペクトラム、攻撃性、興奮、自傷およびチックに使用されます。ただし、保険適応外使用になります。

4)SSRI(フルボキサミン、パロキセチン)、SNRI(ミルナシプラン)、三環系抗うつ薬(イミプラミン、クロミプラミン):こだわり行動、うつ、不安障害などに使用されます。最近は三環系抗うつ薬は副作用の面から使用は少なくなっています。

5)抗不安薬、SSRI、ベンゾジアセピン系(ジアゼパム、クロキサゾラム、ロラゼパム、クロナゼパム):不安、心身症、抑うつ、睡眠障害、緊張、PTSDに使用されます。

6)抗てんかん薬(カルバマゼピン、バルプロ酸、クロナゼパム):気分変調、躁うつ、イライラなどに使用されます。

7)抗ヒスタミン薬(ヒドロキシジン、ジプロヘプタン):不安、睡眠障害に使用されます。

8)循環器用薬(クロニジン、プロプラノロール、グアンファシン):興奮、不安、攻撃性、自傷、チック、PTSD、多動・衝動性などに使用されます。

9)その他
コリンエステラーゼ阻害薬(ドネペジル):認知障害、実行機能を補助します。

リチウム:攻撃性、自傷、うつ、イライラに使用します。

服薬のコンプライアンス(決められたとおりに薬を飲むこと)を高めるために必ず保護者の同意と協力はもとより、できればさらに子どもへの説明と納得を得ておくことも大切です。

(徳島赤十字ひのみね総合療育センター 橋本俊顕/2016年7月QA委員改変)

このページの先頭へ