日本小児神経学会

会員専用ページログイン
Last Update:2017年2月15日NEW

小児神経医のいる施設

小児神経専門医は日本に約1,000名おります。ここには小児神経専門医のいる全国の病院・施設を県別に掲載しています。脳・神経・筋の障害が疑われる症状があって心配な場合には、あなたの近くで小児神経専門医のいる施設を探して、電話で小児神経専門医の診察する日を確かめて、予約が必要な場合には予約して、受診してください。ほとんどの場合、小児神経専門医は小児科外来にいますので、まず小児科外来に電話をして、小児神経専門医の先生を確認してください。
文部科学省から平成15年3月に提出された「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」、平成16年1月の「小・中学校におけるLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案)」さらに平成17年4月からの「発達障害支援法」の施行によって、発達障害のある方の医療機関への受診が増加しています。
発達障害とは広汎性発達障害(自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、知的障害、言語発達障害などです。
日本小児神経学会では、発達障害の診断・治療・指導を担当できる小児神経医を発達障害診療医師名簿に記載しています。発達障害の疑いがあって医療機関への受診を考える場合、近くの医師を探し、記載された電話番号に電話して、受診日を予約してください。近くに発達障害診療医師がいない場合、その他の小児神経専門医も発達障害の診断・治療・指導は出来ますので、近くの小児神経専門医のいる施設を探して、電話して、予約して、受診してください。

小児神経専門医とは

このページの先頭へ